当たり前に、自分の未来は自分から始まっている

こんにちは。Anneyです(*^^*) わっ!もう、10月半ばだ(汗)

あと2ヶ月半で2018年、おわっちゃいます。

そして、平成最後の2ヶ月半も~。

日々、次から次への降って来る

タスクやら業務やら

そして日常を生きてくために必要な

細々としたことに追われて油断してると、

あっっっっ~~~~っちゅう間に

歳とっちゃってます(^_^;)

独立して早5年の月日が流れようとしています。

独立する前はサラリーマンでした。

5回も転職したけど(笑)。

私が3回目の転職をしたのは

たった25年前のことですが、

当時は3回の転職ですら

「怪しいヤツ」扱いでしたから

本当に真剣に

「これが最後の転職。この会社に骨を埋めよう」

って思って入社したんですよ(笑)。

けれどもまぁ、40歳を過ぎて、

定年までの時間が見えてきた時、

「私はこのままあと15年間、

こんな毎日を繰り返して

組織の中のネジとしての人生を終えるのだろうか…」

そんな事を考え始めたのですね。

「元気で働ける残された時間を、

なんだか自分自身が納得いかないまま

過ごしちゃっていいんだろか…」

「私はこれから自分に与えられた時間を、

どのように使って生きて行きたいんだろうか…」

で、結局、しょ~こりもなく転職するのですね…(爆)

しかもよりによって

外資系のコンサルティングファームに(笑)。 周囲からは

「バカじゃないの⁉」

「アホじゃないの⁉」

「気がふれたか?!」

「その年齢でコンサルありえなくね?!」

と、相当呆れられました(笑)

本当に世間知らずだったと思います。

コンサルタントという仕事はあり得ないほど激務で、

あり得ないほど不安定で、

あり得ないほど厳しい職業だってこと、

なってみて初めて思い知りました。

様々な紆余曲折を経て、 「ファシリテーション」「組織開発」を生業にしようと決め、 実際にそれでなんとか食べて行かれるようになるまでは、 10年かかっちゃいました。 でも実感値として10年も前の事だとは思えないです。

本当にあっと言う間だったなぁ…と思います。

★  ★  ★

私が10年前に組織を離れようと思った時の思い返せば、

私は間違いなく「くれない病」にかかっていた、と思います。

巨大すぎる組織の中では、

当たり前のように仕事が降って来て、

当たり前のように業務をこなすことが日常になっていて…

そんな目先、足元の業務をこなす日々を繰り返し送っていると、

なんだかとっても仕事をしていた気になってたけれど、

よくよく思い起こしてみれば、

10年前のあの頃、

10年後の自分の姿はもちろんのこと、

10年後の組織の姿なんて考えたことも、

描こうと思ったこともなかったな、と。

ただ今の延長線上にある組織の姿の中に

自分の未来も人生もあって

それを自らが築いて行こうとか

動かして行こうなどと考えたこともなかったです。

ひとり1人に誰のものでもない自分の人生がある。

自分自身が描いた未来の姿を創って行くのは

当たり前に誰でもなくて自分しかいないのだと思ってます。

会社のためだとか

組織のためだとかじゃなくて

自分自身のために自分の未来の姿の実現に向けて

できることを日々積み重ねて行くしかないんだよなぁ…と、

心から思います。

だって当たり前に、

自分の未来は自分から始まっているのですからねぇ。


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2020 F2F Co., Ltd.